レッドロビンの病害虫 (ごま色斑点病、ルリカミキリ)

はじめまして。

こちら小平市のお庭は、アイマックスガーデンでメンテナンスをさせていただいております。

今回、芝生メンテナンス作業に伺った際、南側からの陽ざしを多く取り入れるため、レッドロビン生垣を軽めに枝透かし剪定をいたしました。

5月初旬、ベニカナメやレッドロビンに多くみられます、「ごま色斑点病」の症状が現れ、ご連絡をいただきました。

症状の重い箇所は剪定ハサミを抗菌しながら除去し、その他の枝葉には「ダコニール殺菌剤」の散布を施しております。

木々の根元落ち葉は綺麗に清掃し、土壌からの感染量を最小限に留め、土壌散布もいたします。

早期のご連絡のお陰で、1カ月半後の確認では最小限に留まっていると見えました。


その後、枝葉を透かしていますと、幹の一部が繊維状にはがれてしまっている箇所が幾つか確認できました。

特別に幹先の方が痛んでいる個体を探し、切除してみますと、ちょうど運よく幼虫が入っていてくれて、ご主人さまと確認することができました。

(しっかり写真を撮ったつもりでしたが、スマートフォンのどこかのファイルにまぎれ混んでしまい見つけられませんでした。幼虫と成虫はサンプルの写真となります。)


昨年も同様に、国分寺市のレッドロビンが同症状だったことを思い出し、調べていますと、「ルリカミキリ」の食害に良く似た症状ということが判明しました。(写真幼虫と同じものでしたので、ほとんど確定に近いと思います。)

今回こちらの症状には、「スミチオン乳剤」を所定の希釈倍率で対応させていただき今後、様子をうかがいながらメンテナンス作業を続けていくこととなります。


特に日本の春~夏にかけては高温多湿に成りがちで、木々の好まない病害虫が多く発生する季節でもあります。


自身では動くことのできない庭木や植木、植物に少し気をかけて、毎日眺めることを習慣づけますと、様々な変化にはやめに気付くことができ、対処することで病害虫のリスクを最小限に留め、お薬の使用量や枯損も少なくしていくことで、新緑や枝葉が美しくそよぐガーデンスペースが保てます。


小さなお庭や、少しのベランダスペースに、小鳥の好きなお花や植物を添えることで、小鳥のさえずりで朝を迎えることだってできます。



「自然の木々や植物を、自身の近くに置くこと」で、心が癒され、ホッとやすらぎが生まれることに気づいてしまった人が、毎日たくさん増えますように。








アイマックスガーデン i-max garden's Ownd 木々や緑に包まれた生活空間 お庭やガーデンスペースへ 樹木で彩りを添えます

日々の暮らしにお庭ののそよぎ、木々の緑を。 アイマックスガーデンは、瑞穂町・青梅市・武蔵村山市・西東京市・小平市・東大和市・東村山市・あきる野市・羽村市・日の出町・福生市・昭島市・立川市・東久留米市・清瀬市・五日市町で、外構工事・造園・エクステリア工事・庭づくり・植木庭木販売・庭園管理・ガーデニング・作庭・植栽・樹木剪定・園芸・植木屋・墓地樹木管理・ガーデンメンテナンス・樹木整理を行っています。